「癌について思うこと 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLUTと癌

前回の記事ではSGLTを阻害することによって癌を縮小させる可能性があると書きましたが、今回はさらに進めてみます。

癌細胞はSGLTとGLUTによってグルコースを取り入れているようですが、その比率はわかりませんが、色々な情報を調べてみるとやはりGLUT1による取り込みがメインのようです。

では、癌に栄養を与えないために素直にGLUT1を阻害してしまえば良いのでは?と考えてみました。


一般的にGLUT1は身体の全般に発現するらしいですが、特に多いのは赤血球と脳関門とのことです。

身体にとって生命活動を司る根幹的な組織である赤血球と脳は糖の取り込みを他のGLUTよりも優先度の高いGLUT1に依存している訳ですね。


身体にとって一番重要な脳へのブドウ糖取り込みに使われているGLUT1を阻害してしまったらどうなるでしょう。

脳はエネルギー不足で活動出来なくなりますね。

しかし、それは通常食の場合です。

糖質制限をしている人なら皆ご存知だと思いますが、脳はエネルギー源としてケトン体(3-ヒドロキシ酪酸)も使えます。
絶食時では、脳は80%近くをケトン体をエネルギーとして使用しているというデータもあります。
http://harmonica-doctor.way-nifty.com/blog/2010/01/--2-56c3.html

又、これは一応血糖があるのでとりあえず20%はブドウ糖も使っているだけで、もしブドウ糖が取り込めなければケトン体100%でも問題ない可能性もあると思います。
ということは、絶食時やケトン食を行っていて、血中ケトン体が十分高まっている状態ならば、GLUT1を阻害しても脳には何の問題も生じないと考えられます。


で、もう一つGLUT1に依存している赤血球はどうなるでしょう。

赤血球はGLUT1だけに依存しているのか、又は違った糖取り込みシステムもあるのかこれについてはわかりません。


しかし、GLUT1を阻害しても問題無いのでは?と推測できる事象があります。

それは、GLUT1異常症(欠損症)の症状です。


GLUT1異常症とは、GLUT1が全く機能しないのか働きが弱いのか定かではありませんが、GLUT1の機能に異常がある疾患で、日本では50名ほど認定されているそうです。

GLUT1異常症の場合、普通に炭水化物を摂取していると血中ケトン体は非常に低レベルになりますので、脳のエネルギー不足となり、てんかん、発達の遅れ、不随意運動、運動失調、筋緊張低下等、脳のエネルギー不足と思われる症状が出るようです。

この場合、ケトン食にすることで脳へのエネルギーが確保されますので、症状が改善するようです。


このGLUT1異常症の症状は脳へのエネルギー不足に起因するものが主で、赤血球の機能が低下することによる症状ではなさそうな気がします。(あくまでも素人の考えですが)

GLUT1機能が低下しても赤血球はあまりダメージを受けないのは何故なのか?
赤血球は、GLUT1が機能しなくても違うグルコース取り込みシステムが働くのか、あるいはそれほどブドウ糖の消費が多くないので、わずかにでもGLUT1が機能していれば問題ないのか。
この点は全くわかりませんが、GLUT1異常症の事例から考えると、脳の活動に支障が出るほどGLUT1機能が低下しても、とりあえず赤血球は無事なのではないかと推測出来ます。


これらの事から、ケトン食を行って血中ケトンを十分高めている状態では、GLUT1機能をある程度低下させても身体に与える悪影響はあまり無さそうだと思われます。

ということは、ケトン食をしながら前回書いたSGLT阻害薬と併せてGLUT1を阻害してやれば、癌細胞だけに限定した強力な兵糧攻めができるということではないでしょうか?


で、肝心のGLUT1を阻害する物質があるのかですが、ざっと調べた所サイトカラシンBというものや、レスベラトロールを高濃度に使用するとGLUT1を阻害する作用があるようです。

これらの薬剤を人間に使用した場合、GLUT1阻害以外にどのような副作用があるかは現時点ではわかりませんが、仮に副作用が無いとすれば、この治療は癌細胞だけを狙い撃ちにして栄養を断つある意味完璧な治療法と思えなくもないです。


私が医者だったら、是非試してみたいと思うのですが(笑)


スポンサーサイト

SGLT阻害薬と癌


最近糖尿病治療としてSGLT阻害薬というものが注目されているようです。

SGLTとはナトリウム依存性グルコース輸送体といって細胞内へグルコースを取り込む働きをします。
一方、ナトリウムに依存しないグルコース輸送体としてGLUTがあります。

SGLTは主に小腸と腎臓の尿細管に存在し、消化された食べ物から小腸へグルコースを取り込むのと、腎臓で糸球体から排出された原尿から糖を再吸収する働きをしています。(実際は心臓、骨格筋、肝臓、肺にも存在している)
SGLT1は上記全般に存在するのに対し、SGLT2はほぼ腎臓だけに存在するらしいです。

糖尿病治療薬としてはSGLT2を阻害します。
SGLT2を阻害するとどうなるかといいますと、尿から糖がダダ漏れになるのです(笑)
腎臓では糸球体で血液から水分が絞られ原尿となります。しかし原尿には身体に必要なミネラル、アミノ酸、ビタミン、そしてグルコースなど身体に必要な成分がそのまま含まれていますので、尿細管でそれら身体に必要な成分を再吸収します。

糖尿病の人はあまりにも血糖値が高いので、この再吸収が追いつかず尿に糖が出て行ってしまうわけですが、SGLT阻害薬はそれをさらにすすめて、糖の再吸収を阻害して尿として出してしまおうとする考えです。
(こう考えると糖尿病で尿から糖が出るのは一種の安全弁みたいなものでうまく出来たシステムです)

ま、糖質制限すればそもそも血糖値が無駄に上がることがなくなるのでこの様なクスリは不要ですが、あくまでもクスリでなんとかしようと考える医学会はこのようなクスリを開発したのですね。



で、これが癌とどう関係あるかといいますと、癌細胞は通常の細胞よりもグルコースを大量に必要とする事は皆さんご承知の事と思いますが、私は今まで癌細胞へのグルコース輸送はGLUTだけだと思っていたのですが、どうもSGLTも関与していそうなのです。

悪性腫瘍にはSGLT3が発現するとされ、さらに上皮細胞増殖因子(EGFR)というものがSGLT1と結合し癌細胞へのグルコース供給を安定化させているという報告もあります。
参考
EGFRのもつ予想外の役割:癌細胞を餓死から守る/M.D.アンダーソンがんセンター


癌は貪欲にグルコースを取り入れるためにいくつもの手段を確保しているのですね。

癌細胞はGLUT1が発現しているので、GLUT4のようにインスリン濃度に依存することなくグルコースの取り込みができるとされています。
しかしよく考えると、それが十分機能するのならばGLUT1だけで良いはずです。
それだけでは何かしら不都合があるので、SGLT系によるグルコース取り込みも行っているのではないでしょうか。

あるときはGLUT系、ある時はSGLT系、又はGLUTとSGLTを半々とか。。。
どのような使い分けをしているかは全くわかりませんが、少なくともSGLT系も使用しているのは確かと考えられます。


ということは、SGLT阻害薬は癌にも効果がある可能性が考えられます。
糖尿病治療にはSGLT2を阻害するものが開発されているようですが、SGLT1と2同時に阻害するタイプもあるようです。

SGLT1を阻害すれば癌細胞へのグルコース供給が制限されることになりますので、何かしら変化はあるのではないでしょうか。
又、SGLT1は主に小腸が食物からブドウ糖を取り込むのに活躍するのでそれを阻害することで、炭水化物を食べても糖質制限状態になるわけです。
又、尿から糖が排出されるので血糖値を低めに誘導できる。
等、癌の成長を抑えるであろう効果がかなり期待出来ます。



で、ここまで書いておいて何ですが、私は副作用が無いとしてもクスリは基本的に使いたくないので、全く試してみたいという気はないのですが(笑)


実はここからが本題で、SGLTの作用機序を考えていたらふと思った事があるのです。

以前の記事でも書きましたが、私は減塩については真っ向反対派です(笑)
ガンに塩分制限は必要か?

ガンには減塩すべしという根拠が、いくら調べても考えても納得できるものがみつからなかったからです。

しかし今回SGLTを考えていたところ、減塩すると効くのかも?と、少なくとも可能性があると思いました。
なぜかというと、SGLTにはナトリウムが必要だからです。

もちろん、人間の身体には恒常性があって以前の記事にも書いたように血中塩分(ナトリウム)濃度は最大限一定に保たれます。

しかし長期にわたって塩分摂取ゼロをしているとナトリウム濃度を保つにも限界があります。
そうすると、身体は次第に元気が無くなります。

わりと初夏にみなさん夏バテ的なダルさを経験する人も多いのではないかと思います。
急に発汗量が多くなり、尿細管や汗腺でのナトリウム再吸収能力の訓化にタイムラグがあるので塩分欠乏になりやすいのです。
私は特に汗かきなので、春から夏にかけてよく経験します。(塩なめて一発で治りますが)

実はあのダルさは、身体のSGLT系がうまく働かずエネルギー不足によって引き起こされている可能性もあるのではないだろうかと思います。(もちろん他の要因も様々にあると思いますが)

又、それとは別に以前から時々思っているのは、身体が元気すぎても癌は成長しやすいのでは?という事です。
例えば若い人は癌の成長が速く、老人は癌があまり成長しないなどと耳にします。

今、私はガンが発覚する前(糖質制限前)に比べてあまりにも元気だし、身体も若返っている気がするので、そのような不安を感じるのです(笑)
ではどうすればよいのだろうか?と考えた時に身体にあまり悪影響無く弱らす事が出来ないかなんて事を考え、それには徹底した塩分ゼロでナトリウムを欠乏させるのも一つの手段かもしれないという事も思っていたのでした。

なのでSGLTについて考えていたとき、癌を縮小させようとする場合、極端な減塩も有りかもしれないと改めて思ったのでした。
とりあえずやりませんけど(笑)

もちろん、これは癌を縮小させたいと考えた場合だけの話で、健康な人は一切気にせずしっかり塩分を摂取して問題ないと考えております。



ガンとストレス

このブログで何回か触れたかと思いますが、ガンとストレスはやはり密接に関係があるのだと思う。


ストレスが直接ガンを生じる作用があるとは思わないが、ストレスが身体の免疫力を著しく低下させて、その結果、普通ならただの炎症で済むものが、ガンになってしまうのだろうな~と思う。

ガンになった人はそういうことに思いあたるフシがある人が多いのではないかと思う。

実は今、かなりのストレスがある。


仕事や生活に何の心配もなくなって、南の島にでも行って、ポケ~っと過ごす事が許されるならば、ガンなんてあっという間に消えてしまうだろうな、なんて思う。

標準治療を受けない理由 2

前回の続きです。

まとめると、人間の身体では毎日ガン細胞が発生していると言われている訳ですが、ガン組織に発展する為には二つの条件が必要なのではないかと考えられます。

1、何らかのダメージを抱えている組織
2、免疫力の低下

多くの人は多かれ少なかれ身体のどこかに異常を抱えていたりしますが、それらがみんなガンになる訳では無いということから考えると1の条件があっても2が正常ならば通常はガン組織に発展しないのだと思いますし、2の状態であっても1の組織がなければガン組織にならないと思います。1と2が揃って初めてガン組織に発展するのであろうと思うのです。


ガン組織に発展するにはそれなりにかなりのレアケースとも考えられますが、ではこれらの条件を乗り越えてガン組織となるとその後はみな勢い良く成長するのでしょうか?


ガン組織を成長させるには、インスリンや成長ホルモン濃度、ブドウ糖などのエネルギーとなる物質の血中濃度、血管新生等の物理的状態等、様々な因子が絡んでいるようです。
一方、免疫機構も攻撃の手を緩めるわけではありません。ガン細胞を攻撃する時とは違った免疫細胞が働いたり、アポトーシスやオートファジーのようにガン組織を縮小方向へ誘導するシステムもあります。

つまりガン組織は常に
1、ガン組織を成長させる因子
2、ガン組織を縮小させる因子

これらの作用が拮抗しあっているのではないでしょうか?

なので、ガンが成長するスピードはその人の身体の状態で千差万別だと思うのです。

通常よく言われる
「ガンはどんどん成長してしまうからなるべく早く切除するか抗癌剤や放射線その他でガン組織は取り除くしかない」
という常識は大間違いではないのだろうか?と私は以前から思っています。

ガン腫瘍が出来ても、自然に消えてしまったりある程度の大きさのまま身体に悪さをせずにひっそりと潜んでいるだけだったり、そういうケースが実はかなり多いのでは無いかと思えます。
(実際それを裏付けるような統計データもありますのでそれは又の機会に書いてみたいと思います)


人間の身体はその時の栄養状態やストレス等で免疫力も大きく影響を受けます。

身体に何らかの異常を感じて病院に行くと、既に末期の状態、、、というのはよく聞きます。
それはその時その人の生活環境がかなりの悪い状態となっていて悪条件が重なってあっという間に腫瘍が大きくなってしまったり、気が付かないまま大きく成長してしまったのかもしれません。

一方、私のように未だに自覚症状もなくたまたま別件で見つかった場合や、定期的な健康診断で見つかったケース等は身体の状態がプチ悪い状態だったのかもしれません。


いずれにしろ、末期と言われようが初期と言われようが、現在の身体の健康状態を改善してやればガンを縮小させたり少なくとも成長をとめて仲良く共存したりという事は十分可能性はあると思います。

又、逆にその根本的な身体の状態を改善しなければ仮に手術や薬でガンを消したとしても再発する可能性は十分あるわけです。


私はこういった思想を持っているので、手術や抗癌剤を受ける気持ちは全くありませんでした。

一応、手術をするとしたらどのような手術になるかも調べてみましたが、私のガンは肺尖部にあり、その腫瘍だけチョコンと切り取る事は無理なので、通常は上葉をごっそりと切り取るようです。又、浸潤や転移の危険を考えて鎖骨あたりの神経なども取ってしまうケースも多く、その場合は腕や胸などに感覚麻痺などの後遺症が起きるそうです。

医学界の常識では
「腕に麻痺が起きても、死ぬよりはマシだろ?」
なのかもしれませんが、自覚症状もなく、ガンが増大して死ぬかどうかわからないのにそんな無茶な事を最初から選択するのはあまりにも身体を粗末にしてるように思えます。

又、手術を行なって傷口からガンが再発しやすいというのも良く聞きますが、これは傷んだ組織からガン細胞が発生しやすいという理屈に合いますし、抗癌剤を使用して身体の免疫力を弱らせるのも私が考える癌治療とは正反対の事ですので、やはり私には標準治療という選択肢は無いのです。

標準治療を受けない理由 1

私はガンになる以前から人間の身体については非常に興味をもっており、ネットや書籍で身体に関する情報を積極的に仕入れて化学的、物理的、社会的、宗教的、哲学的等様々な方向へ思想を巡らすのが好きでした。

当然、ガンというものについても興味を持って様々な観点から考えていたのですが、私が漠然と考えていたガンというモノのイメージについて書いてみます。


人間の身体は毎日数千億個の細胞が死んでそれと同じだけ新たに細胞が作られているといわれてます。
新たに細胞が作られる時にDNAコピーのエラーが発生しその中にガン細胞も含まれます。
ある程度のエラーが発生するのは自然な姿でエラーが発生するからこそ、その結果生物の進化もあるわけで、逆にいえば生物にとって必要な事なのかもしれません。
なので当然、エラーによってガン細胞が発生する事を前提としたシステムが身体には備わっています。
それが免疫細胞です。免疫細胞が正常ではない細胞を見つけて消滅させてくれるおかげで通常は何事もなく健康でいられるわけです。
ちなみに一日に発生するガン細胞は数千個といわれており、1日に作られる細胞の1億個に1個の割合です。宝くじ1等の割合は1千万分の1なのでそれを考えるとガン細胞はかなりのレアキャラです。

基本的にはこのガン細胞の発生量を免疫細胞が抑えきれなくなった時にガン組織となって成長してしまうのだと思いますが、もう少し詳細に考えると一日に数千個もガン細胞が発生するといってもこれは身体の様々な組織でランダムに発生していると考えられます。
つまり発生したガン細胞は数千個といえどもガンから見れば宇宙のように広い身体全体に散らばっているので、ガン細胞はほとんど一人ぼっちの状態です。


細菌による食中毒やウイルスによる風邪症状が発生するには、細菌で1,000万個以上、ウイルスは10~100個以上が必要だそうです。1個の細菌やウイルスは免疫細胞に簡単に殺されてしまい、増殖するには最初からある程度まとまった数が必要なのです。

ガンもこれと同じ事ではないでしょうか。
日常で通常発生するガン細胞は一人ぼっちなので免疫細胞に簡単に消滅させられてしまいます。

ガン組織として成長するにはその部分にある程度まとまった数のガン細胞が同時発生する必要があると考えられます。
それはどうのような場所に起こるかというと傷んだ組織ではないでしょうか?
炎症や組織の劣化が進んでいる所では細胞分裂にエラーが発生しやすくなり、ガン細胞の発生密度が高まる。
その結果、免疫細胞の手に負えなくなりガン組織として成長してしまう。

思えば、ガンが発生する場所というのは何かしら炎症や異常が起こりやすい場所ではないでしょうか?
例えば胃はストレスや暴飲暴食により胃粘膜の保護作用が低下して損傷を受けやすかったりピロリ菌によっても炎症が起きたりもします。
大腸や直腸も原因は様々だと思いますが基本的な免疫力の低下で細菌による炎症が発生したりひどい便秘で硬い便を貯めておくことで物理的に損傷したり。
又、肝臓は乱れた食生活による脂肪肝や肝硬変などといった異常な状態や、肝炎ウイルスで慢性的な炎症。
膵臓であれば炭水化物を大量に食べていればランゲルハンス島が破壊されるわけですから、そこでガン細胞が発生しやすくなるのも容易に想像出来ます。
さらに肺は他の臓器よりも異常を起こしやすい場所と思われます。
風邪や細菌による炎症の他、喫煙や有害ガスやアスベスト等による肺組織の破壊(肺気腫)もあります。

ガンを引き起こす原因は非常に様々ですが、要はいきなりガン組織が発生するのではなく、何らかの原因により組織が異常を起こしガン細胞が発生しやすくなり、ある密度を超えてガン細胞が集まるとガン組織として成長するのではないかと考えられます。

一方、ガン細胞が発生しやすい異常な組織があっても、免疫力が十分強ければガン組織として成長させないで抑えこんでいられますし、逆にそれほどたいしたガン細胞の発生量でなくても免疫力が低下していればガン組織として成長させてしまう事となります。




長くなったので、続きは又後日に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。