スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SGLT阻害薬と癌


最近糖尿病治療としてSGLT阻害薬というものが注目されているようです。

SGLTとはナトリウム依存性グルコース輸送体といって細胞内へグルコースを取り込む働きをします。
一方、ナトリウムに依存しないグルコース輸送体としてGLUTがあります。

SGLTは主に小腸と腎臓の尿細管に存在し、消化された食べ物から小腸へグルコースを取り込むのと、腎臓で糸球体から排出された原尿から糖を再吸収する働きをしています。(実際は心臓、骨格筋、肝臓、肺にも存在している)
SGLT1は上記全般に存在するのに対し、SGLT2はほぼ腎臓だけに存在するらしいです。

糖尿病治療薬としてはSGLT2を阻害します。
SGLT2を阻害するとどうなるかといいますと、尿から糖がダダ漏れになるのです(笑)
腎臓では糸球体で血液から水分が絞られ原尿となります。しかし原尿には身体に必要なミネラル、アミノ酸、ビタミン、そしてグルコースなど身体に必要な成分がそのまま含まれていますので、尿細管でそれら身体に必要な成分を再吸収します。

糖尿病の人はあまりにも血糖値が高いので、この再吸収が追いつかず尿に糖が出て行ってしまうわけですが、SGLT阻害薬はそれをさらにすすめて、糖の再吸収を阻害して尿として出してしまおうとする考えです。
(こう考えると糖尿病で尿から糖が出るのは一種の安全弁みたいなものでうまく出来たシステムです)

ま、糖質制限すればそもそも血糖値が無駄に上がることがなくなるのでこの様なクスリは不要ですが、あくまでもクスリでなんとかしようと考える医学会はこのようなクスリを開発したのですね。



で、これが癌とどう関係あるかといいますと、癌細胞は通常の細胞よりもグルコースを大量に必要とする事は皆さんご承知の事と思いますが、私は今まで癌細胞へのグルコース輸送はGLUTだけだと思っていたのですが、どうもSGLTも関与していそうなのです。

悪性腫瘍にはSGLT3が発現するとされ、さらに上皮細胞増殖因子(EGFR)というものがSGLT1と結合し癌細胞へのグルコース供給を安定化させているという報告もあります。
参考
EGFRのもつ予想外の役割:癌細胞を餓死から守る/M.D.アンダーソンがんセンター


癌は貪欲にグルコースを取り入れるためにいくつもの手段を確保しているのですね。

癌細胞はGLUT1が発現しているので、GLUT4のようにインスリン濃度に依存することなくグルコースの取り込みができるとされています。
しかしよく考えると、それが十分機能するのならばGLUT1だけで良いはずです。
それだけでは何かしら不都合があるので、SGLT系によるグルコース取り込みも行っているのではないでしょうか。

あるときはGLUT系、ある時はSGLT系、又はGLUTとSGLTを半々とか。。。
どのような使い分けをしているかは全くわかりませんが、少なくともSGLT系も使用しているのは確かと考えられます。


ということは、SGLT阻害薬は癌にも効果がある可能性が考えられます。
糖尿病治療にはSGLT2を阻害するものが開発されているようですが、SGLT1と2同時に阻害するタイプもあるようです。

SGLT1を阻害すれば癌細胞へのグルコース供給が制限されることになりますので、何かしら変化はあるのではないでしょうか。
又、SGLT1は主に小腸が食物からブドウ糖を取り込むのに活躍するのでそれを阻害することで、炭水化物を食べても糖質制限状態になるわけです。
又、尿から糖が排出されるので血糖値を低めに誘導できる。
等、癌の成長を抑えるであろう効果がかなり期待出来ます。



で、ここまで書いておいて何ですが、私は副作用が無いとしてもクスリは基本的に使いたくないので、全く試してみたいという気はないのですが(笑)


実はここからが本題で、SGLTの作用機序を考えていたらふと思った事があるのです。

以前の記事でも書きましたが、私は減塩については真っ向反対派です(笑)
ガンに塩分制限は必要か?

ガンには減塩すべしという根拠が、いくら調べても考えても納得できるものがみつからなかったからです。

しかし今回SGLTを考えていたところ、減塩すると効くのかも?と、少なくとも可能性があると思いました。
なぜかというと、SGLTにはナトリウムが必要だからです。

もちろん、人間の身体には恒常性があって以前の記事にも書いたように血中塩分(ナトリウム)濃度は最大限一定に保たれます。

しかし長期にわたって塩分摂取ゼロをしているとナトリウム濃度を保つにも限界があります。
そうすると、身体は次第に元気が無くなります。

わりと初夏にみなさん夏バテ的なダルさを経験する人も多いのではないかと思います。
急に発汗量が多くなり、尿細管や汗腺でのナトリウム再吸収能力の訓化にタイムラグがあるので塩分欠乏になりやすいのです。
私は特に汗かきなので、春から夏にかけてよく経験します。(塩なめて一発で治りますが)

実はあのダルさは、身体のSGLT系がうまく働かずエネルギー不足によって引き起こされている可能性もあるのではないだろうかと思います。(もちろん他の要因も様々にあると思いますが)

又、それとは別に以前から時々思っているのは、身体が元気すぎても癌は成長しやすいのでは?という事です。
例えば若い人は癌の成長が速く、老人は癌があまり成長しないなどと耳にします。

今、私はガンが発覚する前(糖質制限前)に比べてあまりにも元気だし、身体も若返っている気がするので、そのような不安を感じるのです(笑)
ではどうすればよいのだろうか?と考えた時に身体にあまり悪影響無く弱らす事が出来ないかなんて事を考え、それには徹底した塩分ゼロでナトリウムを欠乏させるのも一つの手段かもしれないという事も思っていたのでした。

なのでSGLTについて考えていたとき、癌を縮小させようとする場合、極端な減塩も有りかもしれないと改めて思ったのでした。
とりあえずやりませんけど(笑)

もちろん、これは癌を縮小させたいと考えた場合だけの話で、健康な人は一切気にせずしっかり塩分を摂取して問題ないと考えております。



関連記事
スポンサーサイト

検査結果です。

ご報告遅くなりまして申し訳ございません。

先週聞いてきた検査結果です。


腫瘍の大きさですが、前回約30φが約45φと大きくなっていました。

しかし今回、腫瘍の内部に石灰化が認められました。

石灰化しているのは私の見た感じではおおよそ腫瘍の体積の15%~20%くらいです。


石灰化とはなんぞや?とネットで色々調べてみると少し古いですがこのような資料がありました。
CTに おける原発性肺癌の石灰化の頻度及び形態的特徴

この資料の主旨は、従来の単純X線では肺腫瘍に石灰化が認められるのは非常に稀で、石灰化があるのは良性腫瘍と判断されてきた。しかし、CTの性能が上がるにつれて悪性腫瘍であっても石灰化を含むものがそこそこある事がわかってきたので、石灰化の有無で良性と悪性の判断をしちゃいけませんよ。
という内容ですが、肺腫瘍の石灰化についての考察が色々参考になります。


で、私の腫瘍の石灰化はこの資料のなかで定義されている「Type2」のようなイメージです。

腫瘍の中に石灰化が認められるのは、おおまかに下記2通りのようです。

①元々あった石灰化組織を癌腫瘍が巻き込んだ。
②癌腫瘍が壊死して、石灰化した。

私の場合、これまで撮影したCTを見返してみると、①の元々石灰化組織があったというのは完全に否定されます。
又、前回撮影時もその部分は特に石灰化してません。

なので、②の癌腫瘍が一部壊死したと推測するのが妥当と考えられます。

組織が壊死するのは、一般的には「血流が悪くなった」「血流はあるが栄養がない」「その組織にとって毒となるものが流入してきた」など、様々に考えられますが、私の場合はどうなのでしょうか。

大きな腫瘍の中心部などでは血流が悪くなって壊死しやすいようですが、私の石灰化部分は中心部というよりもどちらかというと端の方です。

現時点では可能性は色々考えられますが、とりあえず腫瘍が一部壊死したのは確かです。又、石灰化するのは多少時間がかかると思われるので、実際はもっと大きい範囲で壊死している可能性もあります。(願望ですが 笑)


腫瘍の一部が石灰化したということは、この3ヶ月強のなかで、何かしら癌にダメージを与えることが出来たと考えられますが、一方、癌が大きくなってしまったのも事実です。


前回の3ヶ月はしっかりケトン食をしていたのに癌が大きくなってしまい、その原因は生クリームに含まれるカゼインやホルモンが影響したのでは?と考えました。

しかし今回は一切生クリームは摂取しなかったのに癌が大きくなってしまったので、生クリームが原因ではなかったのかもしれません(牛さんゴメンナサイ)


なぜ、いつ癌が大きくなったかは、正直わかりません。
今回は脂肪の摂取を生クリーム主体からココナッツオイル主体に移行したのですが、実はすんなり移行出来ずその間、色々な食スタイルを試してました。

というのも、生クリームは200ml飲めば900kcal、2本飲めば1800kcalにもなります。
(糖質のカロリー、脂質のカロリー及びタンパク質のカロリーはそれぞれ体重に及ぼす影響度はまるで異なると考えておりますが、同じ栄養素間では目安となると思いますのでカロリーで考えます)
ところが、それをココナッツオイルに置き換えると、100gで900kcal、200gで1800kcalとなります。
以前にも書きましたが、私の身体にはいまいちココナッツオイルが合わないようで、一度にたくさん摂ると結構お腹を壊しやすいのです(笑)
一日に100g摂取するのもキツくて、体重が維持できずズルズルと痩せてしまいました。

高ケトンを保つためには糖質は勿論のことですが、タンパク質も必要最低限の1日20~30g程度に抑える必要がありますので、脂質を大量に摂れなければどんどん痩せてしまうわけです。

そこでとりあえず体重を戻すためにケトン食は一旦置いといて、肉をガンガン食べてみたり、それでもなかなか太るのは難しいので、炭水化物を週2回くらいドカッと食べてみたりしてました。

そんなこんなで徐々にココナッツオイルの摂取量を増やしていき、なんとか今は高ケトンを保ちながら体重を維持できるようになったのですが、安定したのはここ1ヶ月程度です。


癌が大きくなったのは、そういう段階で大きくなったのかもしれませんし、実は逆で、ケトン体をあまりストイックに上げすぎるのも良くないのかも・・・なんて事をチラッと考えてみたり(笑)
可能性を考えるとキリがありません。


とりあえず今は、今回の結果を様々な角度から考察をしている段階でございます。



ちなみにケトン体、今回の結果は
総ケトン:3570
アセト酢酸:420
3ヒドロキシ酪酸:3150

私流ケトン食が安定していると普段ケトスティックスは4以上で、その場合は総ケトンで4700以上になったのは以前確認したので、今回はケトスティックスで3.5くらいにしたらどの程度になるか確認のためあえて低めにコントロールして検査に挑みました。ほぼ予想通りの値でした。
ケトン値をコントロールさせたら私やsaikoさんは確実に日本で5本の指に入るでしょう(笑)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。