スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

ふとした事から自分の肺にガンが見つかりました。
元々現在の医療について疑問を感じる事が多かったのですが、ガンになって改めてガン治療の実状を調べてみると医者の言うがままに治療をしても決してプラスにはならずマイナスになるだけだと私は判断し、手術や抗癌剤等の標準治療は一切行わない事を決めました。

決してガンから逃げる訳ではなく、私が考える最善の方法でガンを克服してみようと考え、主に糖質制限(ケトン食)でどうなるか試してます。

もし、このブログがずっと続いていればそれなりに貴重なデータとなるかと思いますので出来るだけ詳細な経過を書いて行こうと思ってます。

もし、途切れたら・・・
あー、やっぱりそんなんじゃダメだったのかーと思って下さい(笑)

コメント

はじめまして。
夏井先生のブログから来ました。
2型糖尿病人です。

ケトン食について、下記の記事を見ました。
******
 昨年12月に米CBNニュースで画期的な副作用のないがん治療としてケトンダイエットが紹介されていました。

http://www.cbn.com/cbnnews/healthscience/2012/December/Starving-Cancer-Ketogenic-Diet-a-Key-to-Recovery/

 英文ですが、ケトン食に効果があるという内容です。

 見つけたのは、Drカルピンチョのブログです。

 http://低糖質.com/review/cat26/post_151.html

 下のコメント欄に出ています。

********

ブログ、時々見ています。
肉がメインになりますか?
良くなりますように・・・。
わんわんさん
コメントありがとうございます。
カルピンチョさんのブログは私も見てます。
夏井先生のサイトを見てる人は皆さん同じようなサイトを見てる気がしますね(笑)

ガンと糖質制限又はケトン食で検索してると日本のサイトはまだまだ情報が少ないですが、海外のサイトは、最近すごく情報が増えてきてます。
ガンに対しても糖質制限が有効だという認識が早く広まればいいなと思っております。

> 肉がメインになりますか?
私は脂質メインに必要最低限のタンパク質、それと腸内細菌の餌としてなるべく野菜を多めに食べてます。

> 良くなりますように・・・。
ありがとうございます。
わんわんさんも!
アマローネ さん こんにちは
 アマローネさんが、カルピンチョ先生の読者だと知らせたら、コメント記事がありました。
 http://低糖質.com/review/cat26/post_151.html

もう読まれたかと思いますが。

私も、祖母が胃がん、母が肝臓がんだったので、糖尿人はがんになりやすい(高血糖だと)とのことなので、少し勉強を始めました。
 溝口徹先生「がんになったら肉を食べなさい」を読み始めました。
 このブログの読者の方も関心があると思いますので、アマローネさんのお勧めの本などあったら教えてください。
わんわんさん
コメントありがとうございます。

巷にはガンになったら肉や蛋白質は控えましょうとする情報が多く見られますが、それらはあまり根拠が無く、逆に蛋白質不足で健康に悪影響となるので癌でも肉は気にせず食べた方が良いと思います。
この点は溝口先生と同じ考えです。

ただし、ケトン食の場合は蛋白質の摂取量を考慮しなければケトン値を高くコントロール出来ないので、私の場合は蛋白質量を控えている訳です。

通常の癌治療や通常のスーパー糖質制限を行なっている人はモリモリ肉を食べて全く問題ないと思います。

このあたりは記事で詳細に書いてみたいと思います。



ケトン食と癌治療については福田先生の本が良いかと思います。私はまだ読んでませんが(~_~;)
http://www.f-gtc.or.jp/ketogenic-diet.html
内容はこちらのブログにほとんど書かれていると思われます。
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic
はじめまして。 カルピンチョ先生のブログから来ました。
CBNで、ココナツオイルもまた、アルツハイマーやパーキンソン、緑内症、ALS、そううつ、などによいケトンだと聞き、摂取し始めました。
ココナツオイルの効用については、下のサイトを参照ください:
http://www.cbn.com/cbnnews/healthscience/2012/January/Coconut-Oil-Touted-as-Alzheimers-Remedy/
http://www.cbn.com/cbnnews/healthscience/2013/january/alzheimers-doctors-taking-note-of-coconut-oil-/
マイケルさん
コメントありがとうございます。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が豊富なのでマクトンオイル同様、効率良くケトン体濃度を上げることが出来るという認識を持っていますが、ココナッツオイルで日々のケトン濃度を維持するにはコスト高なので私は取り入れてません(笑)


ご紹介頂いたサイトではココナッツオイルを糖質制限と併用して摂取するのか、通常食にただココナッツオイルを加えるのか等良く分からないので、ココナッツオイルが効率よくケトンを増やした結果、症状が改善したのかそれともココナッツオイル単独で何かしらの作用があるのか判断が難しいところです。

糖質制限をする事で、アルツハイマーやパーキンソン、ALS、そううつ等が改善したという情報もちらほら聞きますので、糖質制限あるいはケトンが何らかの関わりを持っているのではないかとは思いますが。

ただ、緑内障にまで効果があるというのは初耳でした。
確かに緑内障は眼圧が高まることによって視神経が傷んで起こるとされていますので、糖質制限がアルツハイマー等の神経系の疾患にも効果がある事から考えると緑内障にも効果がある可能性は十分考えられますね。
はじめまして
 Drカルピンチョさんのブログに勝手に紹介させていただきました。許可も受けずにすみませんでした。
 夏井先生のブログへのコメントでご紹介しても許されると判断させていただいた次第です。

 さてココナッツオイルの価格についてなのですが、私はiHerbで購入しています。
http://www.iherb.com/search?kw=coconut%20oil#none
例えばNutivaの製品 858mlで19.54米ドル+送料になります。このくらいだとエキストラバージンオリーブオイルとそう変わらないのではないでしょうか。
 私はニュージーランド在住で、こちらのスーパーマーケットで買えますが、原産国が同じフィリッピンでも、何故かアレルギー反応があり、少し発疹がでます。夫も同じくなので日本人には合わない成分があるようなのです。
 それでもっぱらアメリカ製を利用しております。こちらのだと大丈夫です。
 今、去年に出版された乳がんをケトンダイエットで治された人の本
http://www.amazon.com/The-Cantin-Ketogenic-Diet-Diabetes/dp/1477567593/?_encoding=UTF8&camp=1789&creative=9325&linkCode=ur2&tag=livilavidalow-20
が届くのを待っている所ですが、彼女はココナッツオイルとオリーブオイルを使ったようです。

 ご存知かもしれませんが、こちらのブログにはケトンダイエット情報が満載です。

http://livinlavidalowcarb.com/blog/

 
 
 
Re: はじめまして
ルバーブ様
はじめまして。
コメントありがとうございます。

>  Drカルピンチョさんのブログに勝手に紹介させていただきました。許可も受けずにすみませんでした。

たいしたブログではございませんので、全く問題なしです。ご自由にどうぞ(笑)

ココナッツオイルについての情報ありがとうございます。
今のところメインの脂質は生クリームとオリーブオイルから摂取しているのですが、生クリームは成長ホルモンの懸念もあり、摂取量を減らしてか別の脂質の比率を増やしたほうが良いかもと常々考えており、ココナッツオイルの導入も検討しております。
ただ、品質的に信頼出来るメーカーはどれだろうか?又ココナッツオイルだけをゴクリと飲めるものだろうか等考えて保留状態でございました。


>  ご存知かもしれませんが、こちらのブログにはケトンダイエット情報が満載です。
>
> http://livinlavidalowcarb.com/blog/
>
ここは知りませんでした。
本日TOPの記事にあるケトン体濃度の詳細な記録は大変参考になりました。
ケトン体濃度は、1日のうちでもかなり変動しているのではないか?と考えていたのですが、こんなにも変動すものだとは少々驚きました。

ありがとうございました。
ココナッツオイルラバー
 お許しいただいてありがとうございます。

 ココナッツオイルについて利用者としてもう少し語らせて下さい。

 ココナッツオイルはラードみたいに低温では白い塊になっています。冬だとガリガリと削る感じです。
 <なのでココナッツオイルが一番安全なオイルと信じている人でもサラダには仕方なしにオリーブオイルを使っているようです。オリーブオイルにもリノール酸は含まれていますから、注意は必要らしいのです>

 真夏以外はココナッツオイルは飲むというより食べる感じで、口中ですっと融け、かすかな甘みがあり、私にはいくらでも食べれるというかもっと食べたいって感じになります。
 
 調理にももちろん安全ですし、他の油と併用しても使っています。
 アブラっぽいもの、例えばKFCのオリジナルチキンにつけて食べますと全然胸焼けしないのです。

 iHerbからNutivaとFormulasを使いましたが、アレルギーは起きていません。
 <ココナッツオイル、アレルギー>で検索してもヒットしませんし、普通は問題ないと思いますが、何故NZ製のに反応するのか不思議なのです。

 少しでもご参考になれば幸いです。

 

 

 
 




 
Re: ココナッツオイルラバー
ルバーブさん

情報ありがとうございます。

ココナッツオイルの味とか日頃の使い勝手はどんな感じだろうと思っていたので大変参考になりました。

かすかに甘みがあるのですね。
食べてみたくなりました(笑)
久しぶりです

江部先生のブログに投稿されたコメントの資料です。
 私が以前、このアマローネさんのブログに紹介した↓ の日本語での話です。

 【昨年12月に米CBNニュースで画期的な副作用のないがん治療としてケトンダイエットが紹介されていました。
 英文ですが、ケトン食に効果があるという内容です。
 見つけたのは、Drカルピンチョのブログです。】

http://merx.me/archives/31221

アマローネさん、体調いかがですか?

私は、スーパー糖質制限に加え、エハストラバージンオリーブオイルを、毎朝少しずつ飲み始めました。
 以前投稿したように、家系が、がんが多いようなので。祖母・母の系統。
おはようございます
お久しぶりです
以前コメントで糖質制限食を勧められたものです
玄米は私には合わないようなので かなり前からですが主食を少し変えてみました
精製食品や肉類は癌になる前から摂っておりません
それぞれですが食生活からというより私の場合 精神的なほうが大きかったと思ってます

最近は転移も勢いを増し かなりの早さで進行しています
マーカーも120を越えてしまいました
ただ手術も抗がん剤もゼロですので そこまで免疫は下がっていないはずですが…
この頃の大気汚染も関係あるのかな?

アマローネさん 大丈夫ですか?
少しストレスを感じているかのかな…
心配になってコメントしてみました
それともお仕事が忙しいのかな?

私もいろいろ試しておりますので まだまだ可能性大ですv-221
頑張りましょうね
(よく癌の人に頑張れと言ってはいけないと書かれているのを目にしますが 私は頑張って無理して生きてます
そのほうが怠けられず気持ちが良いです)
長々とすみませんでした
cocoさんへ
コメントありがとうございました。

cocoさんは、私なんかよりも相当深刻な状態まで行ってしまっていたように見受けられ、又、普通の人は医者に泣きついて当然な状況なのではないだろうかと思われるのに、頑として標準治療を拒否して独自にあれこれ調べまくって自分に合う方法を模索しながら実践されているという、私にとってみれば大先輩でございます。
そしてその結果、従来の医学の一般常識からは大きく外れた良い結果を残していらっしゃいます。
心の中では大変な葛藤があったのではないかと思いますが、そういう気持ちは出さずに、恐らく同じような境遇の方のために様々な情報を記録していただいて、私にとっても大変参考にさせていただき、非常に感謝しております。


私も特に頑張りましょうという言葉は嫌いではありません。

何となく深い所で考えがつながってるような気がします。

頑張りましょう!



コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。