スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生玄米菜食

甲田先生の玄米菜食を30年近く実践されていたモリモト先生より大変勉強になりますコメントをいただきました。

生玄米菜食につきましては、「生」という部分に単なる玄米食とは違って、免疫力を高める科学的根拠が潜んでおり、そのことについては別途記事で書こうと思っていたのですが、取り急ぎモリモト先生のコメントをご紹介させて頂きます。





生玄米菜食

アマローネ様
こちらでは、はじめまして。モリモトです。
「癌と玄米菜食」ということで、甲田門下生として少しお邪魔させて頂きます。


私にとっては甲田光雄先生が<人生の師><食養生法の師>であり、
30年近く玄米菜食(一日二食/ないし一食)・断食等を実践してきました。
糖質80%程度の超高糖質食でしたが、量が少なかったせいか体調は良かったです。


さて甲田先生は、断食・朝食抜きの玄米菜食・生菜食等々、
様々な食養生法で患者さんに向き合ってこられました。

その中で、癌は一筋縄ではいかない―玄米ご飯+菜食で克服は無理で、
生菜食と断食を組み合せるしかないと言っておられました。


穀物はナマ玄米粉や、水に数日つけた奥歯で噛み磨り潰せる玄米ですから、ブドウ糖として吸収されることはなく、血糖値変動はないに等しいです。

典型的生菜食での野菜は、
根菜類;ナガイモ30g、ニンジン120g、ダイコン100g
葉物 ;ホーレン草・レタス・ハクサイ等 計250g
これを1日2回

手元にあった「五訂食品成分表」2003で糖質量を計算すると
1日で根菜類から28.5g、葉野菜から7g、計35.5g


さらに裸療法等の西式体操を加え、体力が許せば断食を定期的に挟んでいく。


tsunco先生のところでも書きましたが、βOHB濃度は測っていませんでした。

断食をするとβOHB濃度がかなり上がるのでしょうが、
1日30-40gの糖質量の影響を考えると、βOHBレベルやインスリンレベルがSeyfried.TNのいう癌治療に必要な治療的レンジに、収まるのか?


断食療法・生菜食療法に命をかけておられた甲田先生が、
炊いた玄米菜食では癌治療は難しく、しかし生菜食でも「癌と共存を」と言っておられたのも、

時々、癌細胞がなくなった治療例を挙げておられましたが、全てではなく、
癌細胞も身内、仲良くするという言い方をされていたのも、

いま、<ケトン生成食による癌治療>という視点から見ると、
そうなのだと、妙に納得してしまいます。


ここ3年近く、玄米を断ち・肉をタラ腹食べる甲田門下生に、私、進化を遂げました(笑)。

肉食半減運動の旗を振っておられた先生から破門されそうですが、

否々、権威主義こそ嫌っておられ、
自らの心身で確かめよ―<自灯明>をモットーとされて、
そのように生きよ・食べよと言っておられましたので、
天国で笑っておられると思います。

ではまた。
[2013/02/08 04:59] URL | モリモト [ 編集 ] TOP ▲



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。