スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自覚症状

私のガンが発覚したのはそもそも去年の4月に肺気胸による胸の痛みで病院に行ったのがきっかけでして、肺気胸が自然治癒した以降は基本的に自覚症状はありません。

しかし、今思えばその頃、というより今から1年くらい前の時期から肩甲骨のあたりに痛みを感じたりもの凄い寝汗をかいたりしていました。

その時は、ストレスのせいかと思っていたのですが、もしかしたらガンの影響だったのかもしれません。

このブログの最初に自分自身ではガンになったのはストレスが原因だろうと書きました。

人によっては、たかがストレスで、と思う方もいるかと思いますが、そういう方は強烈なストレスに遭遇した事のない幸せな方です。

私は、ガンが発覚する1年くらい前から何度も本気で電車に飛び込んでしまおうと思ったくらいのストレスを受けていました。
元々はストレスに強い雑草のような強さを持っていると自負しているのですが、世の中、八方手を尽くしてもどうにもならない事もあるのです。

そんな時、電車に飛び込みたい気持ちを思い止まらせたのは妻と娘の存在です。
自分自身が死ぬのは全く怖くないですが、妻と娘を悲しませるのは何よりつらく悲しく思いました。
独身だったら恐らく私は死んでいたと思います。

その考えは今も同じです。
私が標準治療を拒否してケトン食を選んだのは、なにも人柱になろうと思った訳ではないです。

妻と娘を悲しませる事のないように必死で必死で最善の策を検討した結果です。

どうせやるなら多くの人の参考になれば良いなという気持ちもありますがそれはあくまでも2次的なものです。

私自身、妻と娘を悲しませないために、誰よりも強く強く癌に負けてはいけないと思っております。
なので、実は妻と娘には私が癌だということは内緒にしてあります。
それ以外にも身近な人には誰にも言ってません。
無駄に心配するだけなので。

それ故、このブログでは身バレを防ぐ為に現時点では極力個人情報は控えさせていただいております。
その点なにとぞご理解を頂きたくお願い致します。

かなり話がそれましたが、多少アルコールが入ってる故、お許し下さい。


話を戻して自覚症状の話しですが、、、

酒がまわってきたので、今日はこのへんで。

又改めて書かしていただきます。
関連記事

コメント

涙が出ました
御家族にも話されておられないのですね。。。

言葉がありません。

宿題として頂いた「生菜食時のエネルギー源」「生玄米菜食とケトン食」の相違問題。

幾つか資料を見直しておりましたので、明日にでも書き込みます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 涙が出ました
モリモト先生

昨夜は少々深酒をしておりました。

お心遣い感謝いたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。