スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査結果について

こんにちは。
実は現在、まだ仕事が忙しく、役立つ情報や私の身体を心配して下さるコメントを多数頂いておりますが、返事を差し上げられずに申し訳ございません。


さて本日、夏井先生のサイトに私のブログが取り上げられました。

「糖質制限やケトン食を行った結果ガンが大きくなった人がいる。それは、糖質制限を煽った夏井先生に責任がある」
という趣旨のメールが夏井先生に行ってしまったようです。
夏井先生が、私のせいでとんだとばっちりを受けてしまって大変申し訳無く思います。

私の過去の記事をしっかり読んでもらえば、私は夏井先生に煽られて糖質制限を始めたわけではなく、独自にあれこれ考えた結果、糖質制限に行き着いたまでだというのはわかってもらえると思うのですが、世の中には読解力が低い人や、何かの批判をしたい為に都合の良い情報をつまんでくる人がいます。
夏井先生に匿名メールをした人は恐らく後者だと思いますが、今後の為にもハッキリと書いておきます。


私はガンが発覚してから、様々な治療法を調べ、結果として糖質制限及びケトン食を選択したのです。
その過程では正直「糖質制限」という言葉は知っていたものの、それがどんな内容かほとんど知らない状態でした。
ガンには断食が一番効果が高いのではないだろうかと考え、しかしリスクが大きいので断食を安全に長期間続ける方法を理論的に考えていたところ、糖質の摂取を断てば同じような効果が得られるのではないか?と考えたところで初めて「あれ?これは糖質制限じゃないの?」となったのです。


なので、私が糖質制限、そしてケトン食を選択した事と夏井先生は全く無関係です。

しかもその頃(去年の6月頃)は糖質制限やケトン食が癌に有効かもしれないとする情報は非常に少なく、先日記事に書いた銀座東京クリニック院長 福田一典先生も、ケトン体には全く触れていませんでした。

しかしそのような状況で、ほとんど誰も試したことが無い治療法だからこそ、私は大きな可能性を感じました。

標準治療や、玄米菜食等、今まで色んな治療法が試されて来てますが、治った人もいれば治らない人もいる。
どれもどっこいどっこいであるとの印象で、結局はその人の体力、免疫力が決め手なのではないだろうか?
しかし、糖質制限やケトン食は、理論的には間違いなくガンを抑える方向に行くだろうと思ったのと同時に、考えてみれば今まで病院食でも家庭においても、皆、当たり前のように糖質を食べている。
糖質の過剰摂取がガンの主な原因と仮定すれば、再発を繰り返したりするのは当たり前で、いままで糖質摂取が当たり前すぎて誰も気が付かなかっただけではないだろうか?と思った次第です。


で、まずは糖質制限で様子を見ようと思ったのですが、その経過をチェックする為の方法に困ってしまったのです。
普通の病院に行って正直に話してもまず反対されるだろうし、何も話さずただCTや血液検査をしてくれと言ってもそれは治療ではなくただの健康診断扱いとなり健康保険が効きません。
又、ケトン食で癌治療なんていわれてもそんな経験を持っているお医者さんはまずいないと思いますし、結果がどうなろうとも全て自己責任で、困ったときはお医者さんの判断を仰ぎたいなんて事はこれっぽっちも思っておりませんでした。
私が一番に求めるのは、ただ経過をチェックしたい事だけでした。


そんな時に、ふと、夏井先生ならばもしかしたらそのような希望を叶えてくれる先生を知っているかも知れないと思い、厚かましくもメールでご相談させていただいたのです。
すると、とても親身に考えていただき、全く面識がなく先生のサイトの一読者に過ぎない私の為に、更新情報のトップに私の希望する条件の先生を探す記事を載せていただきました。

すると、協力可能ですというお医者さんや、読者の方から様々な情報が夏井先生に寄せられ、その都度私に転送していただき、その結果私の希望する内容のお医者さんが見つかって現在に至ります。

もし、夏井先生がいなかったら、糖質制限をするも検査ができずに不安に過ごしてまさしく「ガン難民」になっていたかもしれません。
本当に感謝しております。
又、その時様々な情報をよせて頂いた読者の方にも、深く感謝申し上げます。


今回の検査で、残念ながらガンは大きくなってしまいましたが、この結果をブログに書くのは正直ためらいました。

世の中にせっかく糖質制限が広まってきているのに、水を差す事なってしまうからです。
アンチ糖質制限派にとってみれば「糖質制限でガンが大きくなった」などと格好の材料になるだろうなぁと予想しておりましたが、まさか夏井先生に矛先が行くとは思いませんでした。

でも、もしかしたら私のブログを参考にケトン食を試されているガンの方が、いらっしゃるかもしれないので、ここは正直に書くべきであろうと思いました。

現在のところ、「肺がん治療のケトン食において、生クリームを主体に摂取したら効果が出なかった」
という事が私の実験でわかったので、もし同じような事をされている方がいらっしゃれば、生クリームは避けた法が良いかと思います。

今までは、ケトン濃度を上げることが一番重要ではないだろうかと考えておりましたが、やみくもにケトン濃度を上げるだけではダメで、摂取する脂質をちゃんと考えなくてはならないという事が今回の結果で推測できるかと思います。
これはこれで、今後ケトン食による癌治療を考える際、それなりに役立つ情報になるかと思います。

今回の結果については、私自身は特に落胆したりはしておりません。
真っ先に思ったことは、今後は大好きな生クリームがもう飲めないのかぁ。。。という事です(笑)

今後はダイレクトにケトン体を上げる効果がある、中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイルやマクトンオイルを主体に摂取しようと思ってます。

そして、次回の検査では、良い結果が出るよう、精進したいと思います。

関連記事

コメント

いつも陰ながら応援させて頂いております。
腫瘍が増大したのは非常に残念なことですが、標準治療による体力の消耗も無く心身とも調子が良さそうですから、まだまだチャレンジ出来ると思います。
誹謗中傷など、心ない人たちも居ますが、私はこれからも見守らせて頂きたく存じます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ガンに対しては食事療法だけでなく、使える武器は全て使っていく方が良いのではないでしょうか。
近頃なんだか糖質制限が万能なもののような風潮が感じられますが、糖質制限はあくまで武器の一つだと思います。
すでにご存じかと思いますが、標準治療ではない抗がん剤治療のスペシャリスト、梅澤先生が東京の大塚にいらっしゃいます。
http://umezawa.blog44.fc2.com/
もしご興味があれば、一度コンタクトされてみることをおすすめします。

武器を増やして、うまくガンと共存していけることを願っております。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ココナッツオイルとオリーブオイルの相乗効果
 ココナッツオイルのラウリン酸は母乳にも含まれていて、薬効があるといわれていますが、これで検索すると、名古屋大学の研究にあたりました。
http://jstshingi.jp/abst/p/11/1134/nagoya_2.pdf

<異なる脂肪酸を組み合わせることで
強力にがん細胞を死滅させる

名古屋大学 大学院生命農学研究科
栄養生化学研究分野>

まだ研究段階で、どの割合が良いかとか、同時に食べる必要があるのかとかわかりませんけど、ココナッツオイルとオリーブオイルに相乗効果が期待できるかもしれません。もちろん両方ともエキストラバージンを。Cantinさんもこの2種を使っています。
健康補助食品なんかできないかな。
こんにちは。

4月26日の、ルバーブさんが届けてくださった情報で、名大の研究で、異なった脂肪酸の組み合わせで、がん細胞を死滅させる可能性に、おお!と思い、連絡先に問い合わせてみたのですが、担当の方はゴールデンウィークだそうです。連休明けにまた電話してみます。どこかの製薬会社や食品会社が商品化計画してるのか?

それで、名大での研究もあるからと、異なった脂肪酸+たんぱく質+無糖質の健康補助食品、サプリ、ドリンクなど、がん患者さんの潜在的なニーズがきっとある。。薬品だと二重盲検試験などで大変だろうけど、食品なら。。「作ってください」と、ファンケルさん、大塚製薬さんに消費者の要望ということで出してみました。

「がんに効果」とうたわなければ薬事法にも抵触しない。大手が作ってくれたら、安全、常識的な価格、信用が担保されると思うもの。

進展があったら、また報告します。
どうしてくれる
あなたのブログを見て糖質制限を始めた重病人が、ここでは書けないぐらい大変なこになったぞ
どうしてくれるんだ?!
責任取れ、責任!!!!!
牛乳、乳製品について
319)にきび(acne)とがんとIGF-1
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/1181548202cd2e7e4d266f29989fa70f
320)肥満とにきびとがんとインスリン/IGF-1シグナル伝達系
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/89dbf91114c0a7f2f900f5994a75bd82
上記福田一典医師のブログの記事を読むと、牛乳、乳製品はあまり摂らない方がよいように思いました。
尿療法について
尿療法はご存知ですか?
↓の記事が判りやすいです。
http://world.agosu.jp/page083.html

誹謗中傷なんて気にしないでくださいね!
世の中、悪意の人もいるんですね。。。

(癌研の先生の著書あり)漢方も試してみるのもどうでしょうか?

それから、やはり家族にも話して総力戦でいくほうがいいと思います。

こんな重大なこも話してくれないなんて、奥様にしたら、冷たい人だとがっかりされますよ、、、

大きなお世話かもしれませんが。


勉強になりました
ケトン食の体験を、公開していただき、ありがとうございました。
ケトン食は、結果的に私の体にはあまりあいませんでしたが、食について、いろいろ考えるきっかけになりました。
こうしていろいろな選択肢や可能性と、実際の結果を教えていただけるのは、ありがたいです。
保険治療以外は、自己責任ですから、アロマーネさんの真似をするなら、アロマーネさんと同様の、体と命をかけて実験する覚悟が必要なのは、いうまでもありません。
その後おかわりありませんか。
こんにちは。
その後おかわりありませんか。

4/26 ルバーブさん情報の、名大の担当の方に問い合わせができました。たいへんていねいに、親切に教えていただきました。まだ実験段階中とのことでした。シャーレの中に入っているがん細胞には効いても、薬品としての実用化には時間がかかるようです。

それで、薬効をうたわない「食品」にして摂食する分には何の問題もないのでーーどこかのメーカーから商品化の問い合わせ等があるのですかと問うたら、今のところない、とのことでした。  

で、ファンケルさんにもう一度、商品化していただけたら。。という消費者の希望を申し出ておきました。ファンケルさんの対応もとてもていねいでした。

ファンケルさんでなくてもいいので、この文章を見ている健康食品メーカーの方、異なる脂肪酸+たんぱく質+無糖質+ビタミンミネラル適宜の健康補助食品をつくってください。日本では一生のうち、2人に1人はがんに罹患するという統計なのですから、潜在的なニーズはきっとあります。がん細胞はブドウ糖をエサにするので、ブドウ糖を口にしたくない患者さんはたくさんいると思います。患者さん方の食生活の助けになります。

商品化する話が聞けたら、上場会社なら、私はそこの株 買いますよ。未来の可能性への価値のある投資だと思えます。サントリーさん、味の素さん! ほか、どこでもいいので、検討してください。


これから暑くなる季節です。アマローネさん、どうぞご自愛ください。理解のある先生に出会われて、お幸せですね。それでは、ごきげんよう。
スロージョギング
 アマローネさん こんにちは。
いかがお過ごしですか。

私がこのブログを知り、ケトン食を始めて90日たちました。
いまでは、毎日のケトスティックの値もだいたい言い当てることができるようになりました(笑)。

ケトン食を始めた最初のころは耳鳴り・頭痛・動悸などの症状がでたり、痛風発作もあり血液検査の尿酸値も跳ね上がりましたが、今はケトン食を始める前の状態に戻りました。

ただし、顕著に改善したことが1つあります。
私は「目」に、おそらく脳に起因する原因不明の持病があり、月に10回くらい発作みたいな症状がでてましたが、だんだん減ってきて先月は1回しかでませんでした。
その点において、ケトン食を始めて良かったと思っています。

体調は微妙ですが良くなった感じがしています。
以前から毎日1時間くらいのウォーキングをしていましたが、ひと月前からスロージョギングを楽しんでいます。
歩くより遅いスピードですが、スタミナは切れないので長い時間続けていると一人前に「ランナーズハイ」を感じ、キモチイイです(笑)。

私のケトン食という食事療法の目的は、「自己治癒力」を高めることで問題ある心臓を改善することにありますが、スロージョギングという運動療法も、同じような効果があるように感じつつあります。

ぶしつけな意見ですが、「生クリーム主体によるケトン食が、肺ガンに効果がなかった」のか、「ケトン食だけでは肺ガンを小さくすることができなかった」のかはわからないと思います。

お互い手探り状態で不安もありますが、自分を信じてやっていきたいと思います。

たわい無いコメントですが、私のことをアマローネさんに知っていただくだけで精神的に楽になります。
ありがとうございます。
エールを送っています。
こんにちは。

不毛な泥仕合になって、無駄にエネルギーを使うのは、ホントにもったいないことです。
アマローネさんも、私も、誰にとっても。

論外なコメントには、評価検討を加えることの価値さえありません。
人の目に触れることが前提の場なので、これには、私の書きたいことは省きます。

経過を見守っております。
貴重な体験をありがとうございます
昨晩、「ガンと糖質制限食」を検索してこちらにたどり着きました。

私が自分のガンに気が付いたのは、昨年7月です。その後成人病検診で乳がんの治療を受けてくださいと言われました。

私も現代治療を受けていません。
経済状態も悪かったので、自宅で自分でできることをと食事療法をしました。
今でも、乳がんのしこりは手で触れます。
腫瘍は消えていません。
はじめは、玄米菜食に野菜ジュースを飲みました。
ゲルソン療法の亜流みたいなやり方でした。
一か月後、これでは治らないと予感がして、銀座の先生のブログを拝見し、ケトン食に切り替えました。

昨夜、ここのブログを拝見し、甲田先生の「ガンには絶食と生食を組み合わせて療法士て腫瘍と共存する」という言葉にたいへん感銘を受けました。

私の場合は、自己流であいまいなケトン食を三か月ほどやりました。
しかしながらガンは、簡単には消えてくれませんから、迷いが出ました。
腫瘍を抑制するのと、免疫力をあげるのは別なのではと思うようになったのです。
それなら、ケトン食でなくても炭水化物が食べれる養生食でいいじゃないかと炭水化物を食べ始めました。
結果としては、ケトン食の時より腫瘍は大きくなりました。

玄米菜食などは、糖尿病境界型の私には駄目なようです。
昨夜は、血糖値をコントロールするために、ケトン食を再開しようとしてこのブログにやってきました。
人体で試した詳細な報告をありがとうございます。
ケトン食をどのように再開するか、とてもありがたい情報です。

そして、アマローネさんがガンサバイバーとして、生還されることを心から願っています。
このブログを続けていただけると嬉しいですが、公開の場なので、精神安定のためには少しお休みされて、気力充実した時にでも、まとめてご報告いただいても良いかと思います。

お大事になさってください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
健康食品メーカーさんへ陳情
こんにちは。

いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

しつこい(粘り強い?)私は、糖質ゼロの健康補助食品を作ってくださいと、今もファンケルさんに陳情を続けています。

複数のメーカーさんの相談室に説明かたがた電話をかけていますが、「あ~ハイハイ。一応聞いてます」感マンマンなところもありました。

その中で、ファンケルさんが、私の身元出自もきちんと聞いてくれ、いちばん対応がていねいでした。

もちろん他社を非難しているわけではないんですよ。想像するに、無理難題を要求されることも多いオペレーターさんたちには、要望の範疇を超える話に聞こえるのは無理もなかろうかと。。

でも、良質の脂質中心で無糖質のサプリ。。カロリーメイトブロックやウィダーインゼリーの脂質版。。できればなるべくおいしく
は、需要があるどころか、糖質を口にしたくないと思っているがん患者さんには、切実に欲しいと思う人は多いんじゃないかと思うんですよね。

モチロン、ダイエット目的、健康増進目的の糖質制限食の補助にだって害は全くない。

ファンケルサプリメント相談室
電話 0120-750-210
   9時~21時(月~土)
   9時~17時(日、祝) 

に、これを見ているみなさん!
陳情していただけませんか。
 
少なからぬ人数が同じお願いをすれば、話が早く進むでしょうし。

これを見たサントリーや味の素の社員の方、その他のメーカーさま、御社で作っていただくのも、大歓迎です。

2013年大ヒットサプリになると思うんですが。。

まずは、同じ考えの方、
ファンケルさん 0120-750-210
へ、お電話をお願いします。
kulalaさんへ
コメントありがとうございました。

ケトン食に可能性を感じられたという事で、助言させていただくとすれば
(結果を出せていない私が言うのも何ですが)
やはり日々の食事では可能な限り糖質をゼロにするというのは最も重要だと思います。

恐らくそれだけで癌が身体に悪影響を与える事は防げるのではないかと感じております。

そこからさらにガンを縮小させるのが高脂質のケトン食であり、私の例であるように摂取する脂質については色々考えなくてはならない部分だと思います。

もっとも、生クリームは脂質の中でも特殊であり癌にとっては最もいけないものであった可能性もあり、他の脂なら種類に拘る必要もないのかもしれません。

逆に、もしかしたら、ココナッツオイルそのものに強力な抗癌作用があって糖質制限はそれほど厳しくする必要は無いのかもしれません。

なんて事を書いてしまうと迷わせてしまうかもしれませんが、現段階では正解はわからないのでやっぱり何とも言えません。中途半端ですみません(笑)

ただし、一般的な玄米菜食やマクロビオティック、ゲルソン療法的なものよりかは確実に理論的に良い食事だとは思っております。

今現在ネット上では大人のケトン食実践記録的な情報は非常に少いので、kulalaさんがもし、ケトン食を続けていらっしゃれば、たまに経過をお知らせいただければ幸いです。


ププー
で、どうなんだよ
治るの?
ちっとも治らないんだろ?
治らないどころか、新しく癌ができちゃったんだろ?

止 め な か っ た 夏 井 の せ い だ ろ 、 ど う 考 え ても

あとtwitterであんたの名前がバレたぞ
ほんと馬鹿だなアホネットちゃん
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。