スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸内細菌の威力

すっかりご無沙汰してしまいまして、季節は一気に冬に突入な感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
いただいたコメントもお返事出来ずに申し訳ございません。

最近なんやかんやと忙しくて、腰を落ち着けてブログに向き合える時間がとれませんでした。


体調は、すごい元気です(笑)


前回の記事以降、何回かケトン爆上げなどをしておりましたが、やはりそのような時には癌が腫れてるような感覚があります。

痛いという程ではないのですが、ズーンと重い感じがしたり腕にちょっと刺激が走ったり、息を止めて力んで(戦闘機パイロットが高Gがかかった時貧血にならないように腹に力を込めて頭に血をのぼらせるような)肺と血液の圧力を高めると癌があると思われる部分に明らかに違和感を感じます。
(ケトンが低いような時はそれをやっても感じません)

高ケトン状態では、癌が炎症を起こすのでしょうか。


ま、それはとりあえず置いといて、最近は腸内細菌に凝ってます。

コメント欄でもご指摘いただきましたが、夏井先生のサイトに投稿したのは私です。バレバレですね(笑)
http://www.wound-treatment.jp/new_2013-10.htm#1022-06:00-2


投稿文にも書きましたが、ケトン爆上げしようとすると、タンパク質摂取も極少量にしなければならず、そうすると体重が減ってきてしまうのと、腸内細菌叢を良好に保つと免疫力にもかなりの影響がありそうだとかなり前から考えていたのですが、一つの手段としておからパウダーに行き着きました。

とにかく大量の食物繊維を摂取してみようと思い、いいものが無いかずっと考えていたのですが、安くて入手しやすく摂取しやすいのがおからパウダーでした。
普通のおからは水分もかなり含んでいるので食物繊維の量は10%程度です。
100g食べても10gの食物繊維。
又、調理しないとなかなかそのままでは食べられませんよね。

その点おからパウダーなら約50%が食物繊維で他にタンパク質が20%、脂質が14%、糖質が4%くらいです。

最初は一日一回お昼に豆乳に混ぜて20g程度飲んでいたのですが、豆乳の糖質とタンパク質量が結構あるので今は水に混ぜて飲んでます。

量は、一日120gくらい飲んでみたこともありますが、今はだいたい朝昼晩20gづつ、計60g、食物繊維としては30gの摂取量です。
これだけの量の食物繊維を野菜や他のもので摂取しようとしたらかなり大変です。


で、しばらく飲んでいれば食物繊維を効率よく分解してくれる菌が増えてくれるのではないかと考えていたのですが、なかなかそうなりませんでした。
一応、便の形ででてくるのですが、トイレの水の中ですぐにモロモロ~と崩れてしまうのです。
おからパウダーそのまんまやんけ(笑)
てことで、とりあえず乳酸菌増やせばいいか?と思いオリゴ糖を摂取してみました。

元々、乳酸菌を増やすには、乳酸菌の餌となるオリゴ糖を摂取するのが一番であるというのはかなり昔に経験したことがあります。


妻が花粉症なのでその改善の為乳酸菌が良いのでは?と考えてあれこれ自分で試していた時、乳酸菌の類を飲むよりも、乳酸菌の餌となるオリゴ糖を飲んでもともとお腹のなかにいる乳酸菌を増やすのが一番(便の)量が増えるという事を身を持って体験したのでした。

私自身はそれ以来オリゴ糖は飲んでいなかったのですが、癌になってから腸内環境を良くするために飲んでみようかと何度か思ったものの、若干甘みがあるので無駄にインスリンが分泌される可能性を考え手を出さずにいました。
しかし今回、背に腹は変えられんとの思いからオリゴ糖に手を出してみました(笑)

最初は朝晩10gずつ飲んだのですが、効果はすぐ現れました。
便の量がどかっと増えて乳酸菌ぽい香りがします(笑)

しかし、便器に落ちて、モロッと簡単に崩れるのは変わらず、食物繊維が分解されていない様子です。

さらに、急に手荒れが生じてきました。

以前は頻繁に手荒れと酷いときには汗疱ができやすく、風呂上がりにワセリンが欠かせなかったのですが、糖質制限をしだしてからは手が荒れることはほとんど無くなりました。

ところが今回久しぶりに汗疱もできてかなりひどい状態でしたが、原因は乳酸菌を急に増やしすぎた結果と考えられます。
乳酸菌は、ビオチンを食べてしまうのです。
その情報は知っていたのですがこんなに効くとは思いませんでした(笑)

なので、再度腸内細菌についてあれこれ調べていたらそこで初めて酪酸菌というものを知りました。

身体のエネルギーとなる他、免疫力や坑腫瘍効果のあるとされる酪酸やプロピオン酸、酢酸、さらにビタミン類を産出してくれるのはどうも酪酸菌らしい。
そして、腸内に酪酸菌を持っているのは日本人では10~20%しかいないという情報を見つけました。

酪酸菌が食物繊維をバリバリ消化してくれるかはイマイチあやふやですが、とりあえず早速Amazonでミヤリサン錠をポチリました。夏井先生の本と一緒に(笑)

早速飲んでみたところ、これも効果はすぐに出てきました。
明らかに便の状態が変わりました。
しっかりと引き締まった良い感じ。
便器の水に浸かっても崩れません(笑)

ツンツンしてみたわけではないので繊維質が全て分解されているかどうかはわかりませんが、少なくともオカラパウダーぽい感じはなくなって、全く普通の便です。
こりゃ凄い!と感動しました(笑)

さらに手荒れも2日くらいで急速に回復しました。
で、その回復した手の状態が又素晴らしいのです。

元々私の手は刺激を受けやすい部分(鉄棒するとマメができやすい所など)が無駄に角質が厚くなり勝ちで足の裏も角質が厚い状態でした。
ところが酪酸菌を飲み始めたら厚い角質部分がどんどん薄くなってきて柔らかい皮膚になってきたのです。

これは私にとってかなり劇的な変化です。

あと、お腹を壊すことが無くなりました。

私は今までの人生で便秘になった記憶は無いのですが、反面、緩くなる事は多いです。
ココナッツオイルを多めに摂取したり、あるいは普通に食べ物を食べ過ぎたりするとすぐ腹を下してしまいます。
(ただ、それが出てしまえばケロっと復活して長引く事はない)
ところが、酪酸菌を飲み始めたら素晴らしく頑丈になりました。
いくらでもなんでもドンと来い!
という感じです(笑)

身体全体の元気さもパワーアップした気がします。

糖質制限をしたときに明らかに身体の変化を感じましたが、酪酸菌はそれに匹敵するくらいの変化を私にもたらしてくれました。

どうやら私の身体には酪酸菌がいなかったようです。

身体に何かしら不調がある人は是非一度酪酸菌を試してみることをオススメします。


人間の腸内には数百種類の細菌がいるそうで、その組成は人それぞれ千差万別らしいです。
腸内細菌の種類によって太りやすい体質や痩せやすい体質になる可能性もあるようで、もしかしたら様々な病気に対してもなりやすい、なりにくいといった影響を与えているかもしれません。

最近はDNAを解析することで、糖尿病や癌、心臓疾患などのリスクがわかるようになってきたようですが、もしかしたら腸内細菌の種類を解析することで、その人の体質がわかる可能性があるのではないかと思います。
関連記事

コメント

酪酸菌
お元気そうで、とにかくほっとしました。

 私も以前、食後に食物繊維の粉末を血糖値対策として飲んでいたことがあるのですが、お腹の調子がおかしくなったのでやめたことがあります。胃が無いことが影響していたのかもしれませんが。

 胃が無いとお腹の調子がとても不安定になるので酪酸菌を私も試してみたくなりました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
酪酸菌
おからと酪酸菌がうまく合って良かったですね。
私もおからパウダーは時々食べるので酪酸菌で何か変わるのか試してみようと思います。
No title
ブログの更新がないので心配しておりましたが、先週tagasyuu先生からアマローネさんの情報をいただき、安心しました。

お元気でなによりです。

酪酸菌、おもしろそうですね。
更新待ちわびておりました。
人体実験がはかどっていたんですね!

ミヤリサン…小さい頃姉と「メアリーさん」と呼び、お腹が痛いと嘘をついて飲んでいたあの甘い薬に違いありません。

糖質制限にはまだ届きませんが、渋々だった主人がやっと炭水化物抜きを始めました。
「ウンチが減った」とボヤく主人に、ミヤリサン錠いいかもしれません。

白血球を上げるために摂っていたバナナの糖質が高いのでお休みしていましたが、ミヤリサン錠で免疫力がアップしたら心強いです。

いつもお体を実験に使っての貴重な情報を有り難うございます。

お元気そうで何よりです。
こんにちは。
アマローネさんがお元気なこと、私もうれしいです。

夏井先生の新書に載っていて、私もすぐ森美智代さんの本を読みました。実体験からの食事療法で、重みがありました。
腸管は最大の免疫器官だそうですよ。アレルギーやがんなどの慢性疾患の発病率や治癒率も、腸内環境に大きく影響すると、岡本裕先生の本に書いてありました。

腸管内の微生物は、100兆個だそうですよ。あらためてそんな話を読んで、私も一人じゃないんだ、100兆個もの応援団がいるんだと思え、とっても不思議な気持ちになりました。

藤田紘一郎先生が細菌の大家なので、また読みたいと思いました。
今日、行きつけの薬局の薬剤師さんにミヤリサンの話しをしたら、「なつかし~、その名前、10年ぶりくらいに聞いた」って言うのです。私は無知なので、「ミヤリサンってエビオスと同じ?」って聞いたら、「エビオスは乳酸菌のエサ、ミヤリサンは乳酸菌そのもの」
「じゃあ、ミヤリサンはヤクルトやジョアと同じ?」って聞いたら、「ミヤリサンは医薬品。効果はヤクルトの10倍以上」って言うんです。
「そんなこと、誰も知らないわ」って言ったら、「まあ、ヤクルトと違って宣伝しないからね」ですって。
Re: 酪酸菌
こたろう様

コメントありがとうございました。

一般的には食物繊維を摂取するとお腹の調子を整える効果があるなんて言われますが、それには酪酸菌が必要なのだと思います。

是非とも酪酸菌を試してみて下さい。


Re: 酪酸菌
hiroshi様

> おからと酪酸菌がうまく合って良かったですね。
> 私もおからパウダーは時々食べるので酪酸菌で何か変わるのか試してみようと思います。

是非是非、試してみて下さい!
元々酪酸菌がいなければ、とりあえずものすごい快便になるかと思います(笑)
Re: No title
saiko様

ご心配おかけしました。


酪酸菌、非常に面白いです。
中性脂肪や尿酸にも影響を与える可能性もあるのではないかと思います。

よろしければお試し下さい。

Re: タイトルなし
うのじ様

コメントありがとうございました。

メアリーさん、確かにほのかに甘くて美味しいですね(笑)


>「ウンチが減った」とボヤく主人に、ミヤリサン錠いいかもしれません。

ものすごくお勧めします。
ただし、ミヤリサンを飲むだけではダメで、酪酸菌の餌となる食物繊維を多めに摂取して最大限効果が出るのだと思います。(乳酸菌が増えると酪酸菌も増えるようなので、出来れば乳酸菌を増やすオリゴ糖も一緒に)
免疫力が高まったかどうかはなかなか実感出来ないと思いますが、ドカンと量が増えてとても気持ちよくウンチが出てくるのはすぐに実感できると思います。

Re: お元気そうで何よりです。
マリア様

薬剤師さんのコメントはちょっと間違っている部分はありますが、ニュアンス的には、まぁそのようなものですね(笑)

ミヤリサンはかなり昔からあるようですが、確かに乳酸菌系のビオフェルミンは有名ですが酪酸菌のミヤリサンは普通聞かないですね。
こんなにも効果が高いものが知られていないなんて、非常にもったいないと思ってしまいます。

ミヤリサン
アマローネ様

ミヤリサン、昨日 Amazon でポチリました。

私の場合の目的、さて なんだろう・・・???(笑)

Re: ミヤリサン
Yamamoto_ma様

ミヤリサンはやはり餌となる食物繊維と共に摂取するのがオススメです。

食物繊維としては、やはりおからパウダーがオススメです。

記事に書こうと思っているのですが、おからパウダーそのものにも様々な効果が期待できそうな優れモノなのです。

きっと良いことあります(笑)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
okara
夏井先生サイトで紹介された生デンプンのメールを送った者です。

アマローネさんの影響で、私もミヤリサンとユウテック 国産大豆100% 超微粉おからパウダー 500gをamazonで買いましたが、アマローネさんはどちらのおからパウダーを試されているのでしょうか?

水につけた生米や小麦粉も血糖値を上げずに安価な酪酸菌の餌とならないか、仕事が休みの週末に人体実験してみたいと思います。

p.s.
ネット上には本来、肉食動物であるペットの犬が勝手に家の生米を食べてしまうという例も多く紹介されていて、その嗜好性が面白いと思いました。大抵、お腹を壊すようですが(笑)
Re: okara
OKB@クエン酸焼酎

コメント有難うございます。

> 夏井先生サイトで紹介された生デンプンのメールを送った者です。
そうだったのですか。
私も、穀類を食べる動物はデンプンを消化できてるのだろうかと、疑問に思ってました。


> アマローネさんの影響で、私もミヤリサンとユウテック 国産大豆100% 超微粉おからパウダー 500gをamazonで買いましたが、アマローネさんはどちらのおからパウダーを試されているのでしょうか?
私は職場のすぐ近くにイオンスーパーがあるので、
http://www.topvalu.net/items/detail.php?id=6533
これを買っています。
ちょっと割高ですけど、ネット等で売っているのと比較して、食物繊維多め、タンパク質、糖質少なめなので、気に入ってます。

ただ、微粉末の方が酪酸菌も大量に繁殖しやすいのでは?と考えてそういうタイプのおからパウダーも試してみようと思っております。


> 水につけた生米や小麦粉も血糖値を上げずに安価な酪酸菌の餌とならないか、仕事が休みの週末に人体実験してみたいと思います。

人間は、生のデンプン(βデンプン)は消化出来ないとする情報がほとんどですが、実際に血糖値を測った実験とかは見たことが無く、誰か実験してくれないかな~と思っておりました(笑)
よろしくお願いいたします。

私の推測では、αデンプンに比べて消化は悪いが、全く消化出来ない訳ではない。という感じかと思っておりますが。

> p.s.
> ネット上には本来、肉食動物であるペットの犬が勝手に家の生米を食べてしまうという例も多く紹介されていて、その嗜好性が面白いと思いました。大抵、お腹を壊すようですが(笑)

ネコや犬のカリカリタイプの餌は、糖質がかなり含まれていますので、人間と同じように糖質中毒になってるのかもしれませんね(笑)
No title
ご回答ありがとうございます。
ユウテックおからパウダーを買ってしまってから、アマローネさんのおからパウダーよりも糖質量が多いことに気づきました(笑)

おからパウダーではなく、大豆粉においては生の大豆を非加熱で粉末にしたものが一般的なようです。生大豆は毒性があるという情報もあり、大豆粉は加熱して使うようにとの注意書きも多いです。

一度、加熱してα化したデンプンが冷えて老化してβデンプン化する件については冷やし方次第と思います。老化したデンプンは非加熱のデンプンよりも血糖に変わりやすいはずです(α化米は水でも復元可能)


水溶性食物繊維がどの程度含まれているのか分かりませんが、おからパウダーや通常のおからを煮て火からおろし、上澄み液ごとα化デンプンを捨ててしまえば、糖質ゼロの大豆の不溶性食物繊維が安価に得られるのではないでしょうか?



>私の推測では、αデンプンに比べて消化は悪いが、全く消化出来ない訳ではない。という感じかと思っておりますが。

別記事にコメントしましたが、今日、長芋で人体実験した限りにおいてはアマローネさんの予想通りの結果となりました。(長芋にブドウ糖などの糖類が若干含まれている可能性もありますが)
Re: No title
OKB@クエン酸焼酎様

コメントありがとうございます。

おからパウダーの糖質は5%前後なので、100g摂取しても5g前後。
おからパウダーを一度に100g摂取するのは到底無理だろうと思いますので、この程度の糖質はあまり気にしなくても良いかと私は思っております。

No title
以前にコメントさせて頂いた者です。

乾燥おからの情報は大変参考になりました。また、OKBさんの体を張った実験は大変興味深くワクワクさせられました。
生玄米は腸内細菌を育てる超低GI食品かもしれませんね!
腸内細菌に関してですがアマローネ様は乳製品は避けているようですが、
豆乳と玄米でヨーグルトが作れますよ(玄米だけでなくネットの情報を参考にヨモギでも作れました)。

ちなみにヨーグルトメーカーで低糖質である「おから」を使って、植物性乳酸菌ヨーグルトや納豆ができるか挑戦してみたところ、
確かに乳酸菌ヨーグルトも納豆も発酵させることには成功したのですが、美味しくなかったです。それでももったいないので食べましたが。
(便通や便の形はすこぶる良くなったので腸内細菌さんは美味しく食べてくれたのかもしれません)

高血糖を避けるには確かに糖質制限食は確実に効くでしょうが、
インスリンの追加分泌に関して考えてみるとタンパク質は緩やかではありますが時間をかけて確実に分泌されますよね?
ということはアマフローネ様がタンパク質に関して指摘されていたように糖尿病などの高血糖になりやすい人でない限り、
ケトン食でもしないとインスリンの追加分泌量に関して低GIの食事と糖質制限食の差はあまりないように感じられますがどうなんでしょう。

森美智代さんの新しい本が出ましたね。前作と内容はあまり変わらず特筆するべき新しい点はありませんでした。

個人的には森さんが

・青汁一杯に至る以前の玄米生菜食のときから彼女の場合、豆腐は除外していた。
・現在の彼女の食事では食物繊維、脂質の摂取がほぼ皆無であるにもかかわらずケトン体を利用している。
・基礎代謝率が平均女性の-40%(摂取しているカロリーを考えると40%どころでなくもっと代謝率が低くてもいいはず)。
 また生菜食の人で森さん以上で最大で-60%の人もいた。

ということが不思議です。
酪酸菌
> アマローネ様
↓見難いかもしれませんがPDFです。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/7160660/Cbutyricum.pdf


> kenken様
はじめまして。豆乳と玄米のヨーグルトとは面白そうですね!
今度試してみます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014. 1/25(土) 東京・茶話会のお知らせ
茶話会やりましょ!

糖質オフの茶話会に参加しませんか?

東京・京王線仙川駅近くの東部公民館でやりましょうとの提案です
http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1176118870995/

参加希望の方は。わんわんこと長谷川まで
kiyohisa0108@withe.ne.jp
2014. 1/25(土)
 ※場所:京王線仙川駅から10分弱 東部公民館
 ※時間:13時~16時半 会議室の名目は「PC勉強会」となっています

(1) 第一部  PC勉強会(含む:PC何でも相談) 13時~14時
(2) 第二部  糖質制限の茶話会 14時から16時半くらい

お近くの方、どうぞ気軽にご参加ください・・

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。