スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続続、腸内細菌は人類を救う ?

前回の記事まで色々書いてきましたが、簡単にまとめてみます。

・人間の腸管の構造や栄養素の代謝の仕組み等から考えると人間は肉食動物であり、糖質は本来摂取するべきでない栄養素であり、糖質の過剰摂取が様々な病気を引き起こすと考えていた。
・しかしながら近年の糖尿病を始め糖質摂取が原因と思われる病気の増加の理由を糖質の摂取量増加だけで説明するには無理がある。
・数十年前は現代よりも米の摂取量は多かった。糖質摂取が病気を引き起こす原因ならば米を多く摂取していた時代の方が糖尿病は多いか、又は少なくとも今と同程度のはずである。
・腸内細菌に目を向ければ、現代の食事は食物繊維や漬物などの発酵食品の摂取量減少により、有益な腸内細菌が繁殖しにくい状況となっている。

・これらの状況を考えると、人類は有益な腸内細菌と共生することによって糖質摂取に適応していたが、現代では腸内細菌叢の悪化によって糖尿病を始め様々な病気が増加していると考えられる。


ちなみに「久山町の悲劇」も高炭水化物食を積極的に指導した結果糖尿病が増えたと考えてましたが、調べてみると、強力に減塩も指導しているようです。減塩を目指す場合、手っ取り早くやり玉に上がるのが漬物です。
「漬物を食べるの控えましょう、食べるのなら薄味の物を!」という指導がされているようです。
薄味のなんちゃて漬物には、酪酸菌や他の有益な菌の効果は期待できません。
なので、久山町で糖尿病が増えたのは安易な減塩指導が原因であろうと私は思います。


ところで、決して私は糖質制限を否定しているわけではありません。
赤信号が点灯しているような糖尿病患者さんには糖質制限は副作用なく最も確実に素早く合併症を防ぐ事が出来ますし、メタボも簡単に改善します。

ただ、糖質は人間にとってあえて摂る必要のない栄養素で、過剰に摂取すると病気になりますよ、という考えでは納得しない人も多いと思うのです。
身体が辛くて、なんとかしたいという自分自身で危機感を持っている人には糖質制限は簡単に受け入れられると思うのですが、まだ黄色信号の人などは糖質制限は現代においてまだまだ受け入れがたい食事法だと思います。

又、特に年齢のいった方はなおさら
「昔はみんな腹一杯コメ食ってたけど病気になんかならなかったぞ?」
という感覚を持っています。というか、データを調べても確かにその通りです。
なので、人間は本来糖質に対応していないという理由よりも、昔の食生活では糖質を食べても大丈夫だったが、現代の食生活では腸内細菌叢が悪化しているので糖質を食べ過ぎると病気になりやすいですよ。と、より理解しやすい理由を説明した方が納得し易いのでは?と思うのです。

実はこれ、実際にちょっと黄色信号ぽいな―と感じる60歳くらいの人、二人に話してふたりともなるほどなー!と納得しました。
以前はコメ食わないなんてとんでもないと言ってた人です。
そういう人は、昔はもっとコメ食ってたという感覚と共に、
「最近はいも類、穀類、家でつけた漬物、確かに食ってないなー」
という実感もあるのです。
で、昔はいいウンコしてませんでした?ウンコの状態が悪ければ腸内細菌叢悪化してるので、コメ食べ過ぎると危ないですよ?と言うと、そっか、そういう事か、そりゃやばいな!と。
で、解決策としては、昔のようにイモ類、根菜類、穀類などをしっかり食べて、自分の家でぬか漬けつけて毎日食べるか、コメとかパンを控えるかですよ、というとなぜか面白い事にコメやパン控えるよ、と言うのです(笑)
昔のような食生活は今やメンドクサイと感じるらしいです。

この会話は、健康状態が黄色信号なのになかなか糖質制限しない人に対して、意外と効果があるのではないかと思います。


話がちょっと脱線しました(笑)

で、今現在糖質制限をしているけど、いまいち体調が良くないという人はたくさんいると思います。
永年糖質に蝕まれた身体はそう簡単に回復しないのかもしれません。
臭くなくて、適度な柔らかさなウンチが、ドカッと毎日出る快便の人はどれだけいるでしょう?
もし便秘や下痢を繰り返していればそれは本来の健康体ではありません。
とりあえず糖質の害はないですが、免疫力は万全ではありません。

そういう人には是非ミヤリサン+オカラパウダー+生米(以降、快便レシピと書きます(笑))を試してみて欲しいのです。


もちろん、自然食で腸内細菌叢改善を目指しても良いのですが、大量の野菜やぬか漬けを毎日食べるのはなかなか大変です。

ちなみに、自然食で腸内細菌叢を改善する方法としてあれこれ考えていると、甲田先生の生菜食も理想に近い方法であると思いました。
一日に約1kgの野菜をジュースにして飲むという方法です。
この食事法の食物繊維量は計算してみると約25g前後となります。
(逆に、これだけの野菜を食べても食物繊維はやっと25gにしかならない)
食物繊維量はいいレベルだと思いますが、甲田先生の方法は酪酸菌の補給という観点が無いのです。
なので、現在もし甲田先生の生菜食をされている方がいれば、是非ミヤリサンかぬか漬けも摂取してみて下さい。




もう少し話は続きますが、とりあえず今日はここまでで失礼致します(~_~;)
関連記事

コメント

No title
非常に説得力があると思いますが、まだ生米についてはあまり納得できないなというかリスキーだと思います。
西式にしろ、甲田式にしろ「生」野菜にこだわっていたのは、生野菜にはもともと乳酸菌が住み着いているからで
甲田先生が体が変化して効果が出るには少なくとも半年以上かかるとおっしゃられていたのは
腸内細菌網について直感的には気づいていたんだと思われます(宿便なども科学的根拠はなかったですけどうんちの話ですし)。

また、ガンに対しては甲田療法もある程度効果はあったようですがケトン食や厳格な糖質制限よりも効果は少ない気がします。
アマローネ様はガンを患っている状態なので正直、現在の食事法では賭けになってしまうのではないでしょうか?

甲田式でも仙人といわれる人たちや胃がもたれる人は、生玄米、野菜の食物繊維を除いてしまったりしてしまう人もいるようですし、
ミヤリサンや腸内細菌にかかわる乳酸菌などに注目するなら、生米にこだわる必要はあまりないように感じますがどうでしょうか?
2点ほど

● 昔の人がたくさん食べていたのは、白米ではないのでは?

 一般庶民が白米を食べるようになったのは、日本では戦後からではないか。
また、糖質タップリに品種改良され、またアメリカなどから糖質過多の食品が輸入され、砂糖の多い食品(菓子パンなど)を食べるようになったのは、ここ20年くらいではないか。

  アメリカ・中国・インドなどで肥満者が爆発的に増えたのはこの10数年?
  食品添加物の問題もあり、もちろん、腸内細菌の状態も悪化したでしょう



>今現在糖質制限をしているけど、いまいち体調が良くないという人はたくさんいると思います。永年糖質に蝕まれた身体はそう簡単に回復しないのかもしれません。
臭くなくて、適度な柔らかさなウンチが、ドカッと毎日出る快便の人はどれだけいるでしょう?
 もし便秘や下痢を繰り返していればそれは本来の健康体ではありません。
 
とりあえず糖質の害はないですが、免疫力は万全ではありません。

****************************
● 免疫力については、不規則かつ不自然な社会生活のせいで、かなり低下しているでしょうね。メンタルな抵抗力=安定感も・・・
No title
アマローネ様

お久しぶりです
お元気そうで何よりです。

アマローネさんから教わったミヤリサン、継続してますよ(笑)。
私の場合、酪酸菌の原料?おからそのものにしてます。
おから・オリーブオイル(結構多め)・マヨネーズ・牛乳少々・山椒粉末・アボガドディップ・胡瓜・あと時と気分でさまざま・・・これでなんちゃてポテトサラダが出来上がりです(笑)。
元々胃腸・排便に問題はなかったので、大きな変化はありませんが、皮膚の撥水性とバリアが向上したと感じております。

酪酸による効用、こんなのがありました。
「腸内細菌の産生する酪酸による制御性T細胞の分化の誘導」

   http://first.lifesciencedb.jp/archives/8073

3-ヒドロキシ酪酸同様、ヒストンの脱アセチル化酵素を阻害するというエビジェニティックな作用があるということを発見しました。少し驚きました。アマローネさんの凄い先見性、感銘しました。

漬物の話・・・
日本一長寿県「長野」ですが、私の遠い身内に長野県在住でトマトジュース製造会社のボスをやってる人なんですけど、毎年自前で野沢菜を漬け込んでいまして、黄色くなるまで・すっぱくなるまで発酵させています。元々の地元の人たちは皆そうしているそうです。
この辺が「久山町」と大きな違いじゃないかと妄想してしまいました(笑)。


ぬか漬け始めました
酪酸、深いですね~。とても勉強になります。最近、自宅でぬか漬け作りを始めました。ジップロックの中に糠床が入っているタイプなので、維持管理が簡単です。サプリメントを摂るのは面倒&飲み込むのが好きじゃないので、キュウリぬか漬けを美味しく食べていこうと思っています。ぬか漬けは家族全員の好物なので、やりがいがあります。

おからを美味しく食べるのが、なかなか難しくて。よくポテトサラダ風が紹介されますが、私も家族もあまり好きではなく、続きません。美味しく食べる方法はないものか…。

育ちざかりの子供がいて、糖質制限食はなかなか難しいのですが、ぬか漬け・根菜類などの食物繊維、は美味しくて簡単に続けられるので、糖質制限だけにこだわらず、腸内細菌を良くする食生活を目指したいと思います。今日は早速、ごぼうのおかか煮を作りました。糖質制限的には、根菜類は×なのでしょうが…。
No title
食塩と胃癌、食塩と高血圧・心不全には実験的にも、経験的にも疫学的にも関連性が示されています。減塩は多くの「食塩感受性高血圧」=食塩を溜め込みやすいひとには有効です。食塩を貯めこまない体質のヒトには無益ですが。
また旧石器時代には石器はあっても鍋がないうえ、中央アフリカは海に面していないので、初期人類は食塩を採集できません。原初人類はほぼ無塩で、現在のピグミーやヤノマミ・インディアン同様の生活だったはずです。
漬物は、加工食品ですので、あまりにも「人間臭い」食べ物だと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
アミノ酸は取っていますか?
ガンの自然治癒に興味があって検索をみて来た者です。ガンではありませんが。
お伺いしたいのですが、Lグルタミンなどのアミノ酸はとっておられますか?
ガンへの攻撃力の維持に、加齢に応じて生産の減る非必須アミノ酸は欠かせないのではないかと考えておりまして。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
CRKDによるアマローネ理論の確認
 アマローネ様

お元気でお過ごしのことと思います。

私は今、こたろうさんルバーブさん情報をもとに、カロリーを制限したケトン食(CRKD)をしています。
CRKDで血糖値がどれくらい下がるかの実験です。

この過程で、『(糖質ゼロベースで)ケトン比でなく、タンパク質の絶対量がケトン値に影響する。摂取した脂肪の過不足は体脂肪で調節する。』としたアマローネ理論(?)を、1600kcal・短期間において確認しました。

過去、カロリー(2000kcal)・糖質(3g)を一定とした条件で、タンパク質を70g⇒60g⇒50gと下げ、脂質をそれに応じて上げていくと、計算上ケトン比は上がり、そして3-ヒドロキシ酪酸も上がりました。

今回、糖質(3g)・タンパク質(50g)を一定とした条件で、脂質を200g⇒155gにすることにより、カロリーを2000kcalから1600kcalに下げてみました。

結果は、計算上ケトン比は下がるにも関わらず、3-ヒドロキシ酪酸は高値を維持しておりました。
見事アマローネ理論に従っております。

アマローネさんのこの理論は、高ケトン値を求めたり管理する人にとって、とても有益であると思います(拍手~)

尚、血糖値については、現在データを集積中です。


ミヤリサンを通算2ヶ月飲み、今も飲んでます。
現在までの私の結果は、「エサ(おからパウダー)なしでは、効果はわからない。」です(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
癌に糖質制限は無効です。
まだ糖質制限なんか信じてるんですか。

癌に糖質制限は無効です。

正確には、たった一つの遺伝子が働かなくなるだけで、癌は糖質ではなくグルタミンを使うことができるようになります。

遺伝子が不安定な癌にとって、遺伝子を一つ無効にする程度は朝飯前です。

彼らはペテン師としか言いようがありません。ご愁傷さま。

http://blog.goo.ne.jp/news-t/e/886e4bba2af90bbc4bda6ab12d6caae1

ところでまったく更新されなくなりましたが、生きてますよね?
おかしい人の反乱を、がん細胞とたとえます。
おはようございます。
60兆個のヒトの細胞の中で、時々おかしい細胞ができます。
がん細胞、と呼んだりします。
でも、小宇宙 人体の懐は深く、たとえがん細胞を抱えていたとしても、多くの正常細胞が元気に働いてくれて、何の問題もなく日常を過ごしています。
それは、誰でもがそうです。

時々、人間の世界でおかしい人が悪意を持った行ないや毒のあるコメントを発します。そのようなことをしても、そのおかしい人は、多くの善良なサイレントマジョリティーに適当に許されますが、最終的には淘汰されます。

秩序ある人間の社会は、一個の人体にそっくりだと思います。
時々 おかしいのが現われることを含めて。
でも、そういうおかしいのには、負けないんですよ。そんなあなたを含めて存在する、秩序ある人間社会に感謝ですね、残念ですがさん。
途絶えた
管理人さんからのコメントは2月以降完全に途絶えていますね。
アマローネ大丈夫だろうか・・・
更新が途絶えたので心配だ。
それにしても残念ですが、相変わらずどこの世界にも残念な人が湧いてきますな。

申し訳ありません
お名前を呼び捨てしてしまいました。
訂正します。

誤)アマローネ大丈夫だろうか・・・
正)アマローネさん大丈夫だろうか・・・
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。